星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどい

現実が夢でないことを証明せよ

今朝、twitterで見た。

上智大学(大学院?)の哲学科の入試問題で、「現実が夢でないことを証明せよ」という問題が出たらしい。

 

f:id:jougetu:20160515234927j:plain

 

夢は、自分で操作できない。

これは大前提。
夢の中にいるときは、「今、夢にいるな」って思えないし、思い通りに作りかえたりできない。
あーこれ夢だなってわかるような浅い夢(明晰夢)は例外で、ここで問われてるのは深い夢のことだと思う。

だから、もし問いの出し方が、ほんとうにこの一文なのだとしたら、浅い夢と深い夢を、まず分けないといけないかな。

 

深い夢はこわい。

ただの夢なのに、夢の中でどうあがこうが、現実だと思ってしまう。

 

知覚像の問題かな、と思った。

 

上智大学の問題は、知覚像と世界のずれにつけこんでいる。

そもそも、われわれ一般人の99パーセントは素朴実在論者であって、客観的実在が、まず外にある。
そこから光の波長なり、アンモニア分子なりの刺激が、自分の感覚器官に伝来してくる。
例えば、リンゴにぶつかった波動が反射して、目に飛び込んで神経回路を起動して、もろもろの化学作用が脳みそまで空間的に連続して、一定の脳状態を引き起こす。
そうすると、リンゴの知覚像が生じる。
ただし、リンゴは目では確認してるけど意識を集中させてないから見えなかった、という、見えども見えずというウッカリミスがあるように、「リンゴがある!」と思うには、リンゴの知覚像が写っているだけではダメで、さらにリンゴの知覚像を意味理解(?)するという意識作用がいる。スポットライトをあてる、みたいな。
つまり、意識の対象としての、客観的事物が外にあって、それに対して知覚像という意識内容が生じて、その知覚像から意味理解を得るという意識作用がある、この3つの「意識対象、意識内容、意識作用」という三項図式のカメラモデルが素朴実在論に前提されている。たしか知覚因果論だとかなんとか言ったと思う。

 

そうすると、ここで問題になるのは、知覚像は、生の世界に触れてない、幻影だという問題。

リンゴを見るときに、われわれは、「知覚像越し」でしか、見ることができない。邪魔だよ、知覚像が。あいだに入ってきてんじゃないよ、と思う。生の現実にふれることができていない。知覚像をひっぺがしてみたら(そんなことできないけど)、ほんとはリンゴはめちゃくちゃなキモイ姿をしてるかもしれない。アメーバがリンゴをリンゴとして認識できないように、われわれの知覚も限定されている。われわれはリンゴを見ながらリンゴを見てない、知覚像しか見てない。

 

つまり、われわれは幻影を見ている。

通常の知覚においてすら、現実を見ることができてない。夢を見ているのと同じ。夢も、知覚も、「実在」に触れていない。

 

そういう知覚像と世界のズレにつけこまれて、この上智大学の問題が成立する。

ただ知覚像を操作しさえすれば、現実感を感じるのだから、今私たちが感じている現実感だって、どこぞの誰かが脳をいじくりまわして、知覚像が操作された結果であるという可能性が捨てきれないではないか、という疑い。

つまり、現実とは操作された知覚像である、と。じつは私たちの脳は培養槽に浸けられていて、高度な知性をもった生物たちが、その脳をいじくりまわして知覚像を見せている。現実とは培養槽の脳の見る夢である。

それに対して、いやいや夢と現実はちがう、夢は現実を反映していないけど、通常の知覚においては、たしかに現実を反映しているではないか、たしかに現実にふれている、この世界という実在にふれているんだーといっても、さっき言ったように、そもそも通常の知覚ですら、知覚像越しにしか現実を把握できない以上、現実を反映していないので、手のうちようがなくなる。

だから現実というのは、ほんとに夢かもしれない。培養槽の脳の夢かもしれない。胡蝶の夢であるかもしれない。マトリックス状態であるかもしれない。高次元空間に存在する高度な知性を持ったハツカネズミたちの作ったスーパーコンピュータが弾き出した42という数字の3次元空間への射影であるかもしれない。言いたい放題言われてしまう。

 

だとしたら、もしこの問題に答えるんだとしたら、問題の背景にある伝統的な身心二元論の認識構制と、その構制内部の結像機構に生じる知覚像の欠点を言う。
そのあとは、どうすればいいんだろう。

 

こういう哲学主要論争テーマが出たときに、全く、答えられないのがくやしい。

言い表せないものを、言い表せないものとして、書けるようになりたいよ。

 

知覚像の記述は、新哲学入門の認識論を参考にした。

 

 

▼2018年11月12日追記

様相実在論の反事実的条件法という有名な思考実験で、現実は夢ではないと論証できるのがわかった。戸田山の「知識の哲学」の第7章。

知識の哲学 (哲学教科書シリーズ)

知識の哲学 (哲学教科書シリーズ)