読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどいな

ニート生活45日目 10日連続して10時間読書できてる

2つの習慣を入れた2月5日から、10日連続して10時間読書できてる。

体感的には、2月末までいける気がする。

 

3時間机を離れずに「最優先」の一冊を読む習慣、3冊の哲学書を暗記する習慣、の2つを入れた。
当初は予期してなかったけど、波及効果がある。
暗記のほうはどうでもいいけど、3時間主義の習慣は役立ちそうなので、2月末まで実験してみて、次の記事で整理したい。

 

4日以上続いているのは人生で初めてだけど、特別な高ぶりがない。
3時間読書が終わった直後の爽快感はすごいけど、全体として振り返ってみると、この程度では全く足りないと、強く感じる。
それは、質が充実していないせいだと思う。

 

机にいても、意識がふっとぶ。
暗記したことは、すぐに忘れる。
本の内容は、半分くらい理解できてない。
だから、手ごたえがないのかな。

 

救いなのは、7日目から少しずつ、質が上がってきてること。
4日目からは、なんとなく負荷が減って、自然にできてる自分がいた。
ここで油断せずに、改良を加え続ける必要がある。

 

村上春樹は、「まじめに走った」と思えるのは、週に60キロ走ったときだと言ってた。
私のまじめさの目安は、一日11時間の読書なので、10時間では少ない。
質も、量も、もっと上げたい。

 

2月末まで継続する。
だれにでも再現可能な簡素な習慣に、ブラッシュアップできたらいいんだけどなあ。
とくに私のように悩んで、たったこれだけのことができずに、もがいて苦しんで、何度も決意したのに何度もだめだったような人のために。

 

英語(2時間33分)

ヘーゲル(10分)

西洋哲学史(5分)

哲学(7時間25分)

 

広告を非表示にする