読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどいな

最初の一行を捨てること

f:id:jougetu:20160510170059j:plain

最初の一行が書きにくい。
言いたいことが頭の中に数行あるんだけど、最初の一行からそこまで論理的に繋げていくのに時間がかかってしまって、書いては消して、書いては消して、そうやってめんどくさくなって、ブログを書かない日が多くなる。

よしもとばななの『日々のこと』という日記では、最初の一行が気楽すぎる。

「友人が結婚した」
「N・Yに行ってきた」
「ある土曜日の午後、私と恋人はどうしてもパスタが食べたくなった」

短くて、具体的で、日常的。
最初の一行によって、文章の価値が決定されるというのに、彼女はいかにも平明で、単純な一文から始めている。

小学生のころから、たくさん文章を書いてるんだってさ。
気負わずに最初の一行を書くことによって、推進力が生まれる。

私も5月に入ってからは、できるだけ、しょうもない一文で始めたいなと思ってやってきたけど、まだまだ適当さが足りないと思う。
研究だな。

毎日気楽に書いてるエッセイ、で思い出すのは、とりえちゃん。

本屋とか図書館をプラプラする日記好き。
たぶん半年くらい毎日更新してる。

私なんて一週間毎日書いただけなのに、かなり疲れた。

3時間くらいかかるし。

 

『文章のみがき方』p.2-7参照。人生で一番読んだ本。

広告を非表示にする