読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどいな

書くことの浪費感

文章のみがき方

f:id:jougetu:20160518231458j:plain

書き終わった後はスッキリするけど、しばらく経つと、書いたものが自分から離れて独立する。
書いている最中は、あんなに自分と密着していた文章が、あとから見たら、ところどころが腐ってる。
恥ずかしくて過去の記事は見れないから、書いた意味がない。

なんか自分のものじゃなかったんだなって思う。
もう同じレベルのものは書けないし、知識もすっかり忘れてる。
学者とかライターだったら、一度書いたものは、自分の実績になるし、大勢の役に立つから有効性があるけど、私の場合は書いてしまったらそれでお仕舞い。
ブログの過去ログに残っても、ほとんど見られないし、何より自分の技能にも仕事にも役立ってない。

真理を探求すること自体は楽しいけど、そのためには現実を犠牲にしないといけないので、根本的な浪費感がある。
社会人のときは、仕事のための勉強を後回しにしないといけないのが苦痛で仕方なかったな。
今も読書を後回しにしてるのが苦痛。

広告を非表示にする