星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどい

詩の表現技法を取り入れる

f:id:jougetu:20160523161850j:plain

詩の表現は、凝り固まっていた自分の文体をほぐしてくれる。
詩には文章表現のこつがつまっている
1文字たりとも無駄がないから好き。

ある高校生が、twitter最果タヒの詩を音読していた。それを聞いて私も詩集を買った。

きみをだいじにおもうこと
欲望がきちんとぼくにあること
生きていること 血が、洋服につくこと
きみはすべてが汚いと涙する
夜が落ちてきて きみの涙に光をためて
ぼくがそれだけを見つめ ねむること
ずっと泣いていてほしい
失望してやっと、きみは美しくなる

語尾を「こと」にするだけで、こんなに軽やかに言いたいことを言えるんだなって思った。
今まで文章を書くときは、前後の文章を論理的につなげようと書いたり消したりを繰り返していたけど、語尾に「こと」をつけるだけで説明責任が無効になり、論理を気にせず、すらすらと書きつらねることができた。
もう言いたい放題。
詩の内容よりも、この表現技法にハッとした。
「こと」をつけて、すぐ次へ行くようにしていると、説明の煩わしさから解放されて、思いがけず広いところに出る気がする。
さらに最果タヒの場合、すべての語尾に「こと」をつけるのではなくて、ところどころ別の語尾にしたりして、そのひねり方が絶妙だった。

 


この詩も好き。

わたしをすきなひとが、わたしの関係のないところで、わたしのことをすきなまんまで、わたし以外のだれかにしあわせにしてもらえたらいいのに。わたしのことをすきなまんまで。

詩はC言語と同じだと思う。
セミコロンが1つ欠けただけでもコンパイルできないくらい、プログラムの文字列には無駄がない。
詩も同じ。
1文字欠けただけでも詩が死ぬ。

 

最果タヒ『死んでしまう系のぼくらに』p.8,p51参照