読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどいな

ニート生活151日目 一ヶ月毎日ブログを更新した

ニート生活

一ヶ月毎日更新した。
哲学の記事を更新するにつれて、多くの人たちは私のもとから去ってしまった。それだけの実力だった。それなのに最後まで残ってくれた人もいた。それは思いがけない人たちだった。日ごろ何も言わない人たちが残ってくれた。大切な時間を使って、定期的に見に来てくれた。
なかには自分でブログを書いている人もいて、具体的に私に何かしているわけではないんだけど、ただその人がそこにいるというだけで心の支えになる。
最低限の訪問者を獲得することさえクリアできれば、あとはわりと気楽に書けた。

ただ始めのほうはつらくて、2日目にすでに、止めたいと思った。当時twitterに書いていたけど、「血のついたぼろぼろの服をひきずりながら歩いている」ような気持ちだった。この言葉でぴったり気持ちが表現できてる。
やはり、批評の力量がないので、書けば書くほど自分の無知があらわになってきて、どれほど自分がえらそうな気持ちだったのかよくわかった。

10日目からは、自尊心が傷つくことはなくなったけど、「ああ更新しないといけないんだったあ」と無駄な時間のように思えてきた。

15日目に、批評をあきらめて、文章術のエッセイに切り替えた。
そこからは、知っていることを書くだけなのでわりと楽に書けた。

気楽に批評できるようになりたいと思って、毎日更新してきたけど、結局コツはつかめなかった。
急いだ散髪屋さんのつもりで、サクサク書きたいと意気込んでいたけど、じっさいは庭師だった。切り貼りしながら文章をつくってるので、メモ帳のなかに何個か重い石があって、それをこっちからあっちに移動させるということを繰り返すので、ほんとうに疲れた。
いっそのこと、日記を書く練習でもすればよかったかなあと思う。

6月から普通に戻る。

直接は関係ないけど、昼3時にランニングをする習慣が身についたのは嬉しかった。
朝4時に起きて、夜9時に寝るのも、だいたいパターン化してるし、生活リズムがずれても、3日くらいかけて慎重に戻すこともなぜか出来るようになった。
この堅固な制度に乗っかっていけば、ずっと遠くまでいけるんじゃないかという確信に近いものがある。いろんなものが打ち果てて、もう自分には何もないのに、それでも前に進もうとする体力みたいなものはあって、準備ができているという感じ。こういう気持ちは今まで感じたことがないと思う。

 

広告を非表示にする