読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

星の動く音がうるさい

2016年からニート状態。独房の中のように過ごしたい。焦燥感がひどいな

ニート生活176日目 6月の行動原理

ニート生活

f:id:jougetu:20160624150930j:plain

  • 精神を回復させるには、単語帳を暗記するにかぎる。

 

  • ブログを書くより、見るほうが楽しい。

 

  • 起床30分以内は、机で勉強する気が出ないので、歩きながら本を読むようにした。有酸素運動で血流が増加することによって、海馬のニューロン成長を促す成長因子が2つ出る。以前はθ波が発生して集中力が上昇するのを狙っていたけど、もはやどうでもいい。

 

  • はじめて詩を書いた。

 

  • 箇条書きだとブログが書きやすいということを今発見した。

 

  • ちゅるちゅるの新鮮な脳のために走る。有酸素運動によって海馬に生を受けたピチピチの新生ニューロンたちは可塑性の天才児なので、28時間以内に情報を叩き込めば、粘土にパンチしたみたいに、長期間残りやすい。また、ピアノのうまい子どもが数学の習得に優れているように、ある運動によって形成された複雑な脳内ネットワークは、その運動以外の学習でも使用できるため、28時間効果を無視したとしても、効果があるから安心できる。週4日中強度ジョギング、隔日週2日強度ランニングによって、新生ニューロン生成とBDNF生成・放出を効率的に促進する。強度ランニングにおける全力疾走30秒5回実施により、HGHの増加と全成長因子の大量生産を促進しチートモードに突入する。ランニング終了後トマトジュースの摂取で活性酵素を除去し、バランスボールによる革命的平衡運動によりBDNFを倍加する。自由主義国家における政治的義務は、制度の正義性を維持し促進するという自然的義務のテーゼに集約されるが、制度からつま弾きにされたところのプロニートにあっては、精神衛生を維持し促進するの一条に全ての義務が集約されている。その思想はプロニートの朝は早いスレにおける「身体は資本」の理念によって既に満天下に示されている真理であるところ、現実逃避のそしりを恐れることなく我思う所の健康を配備すべきである。

 

  • 玄米茶による、タンニンの摂取である。

 

  • 輪廻転生がある。ドイツ語暗記の夜、ふかふかの布団に入って心を点検していると「あ、西洋哲学史の勉強をやりたい気持ちが戻ってきてる!」と突然自覚した。インドの森羅万象が茂って土に還ってまた芽を吹くように、精神にも輪廻がある。

 

  • 一度リズムが途切れたら、3日間何も手につかなくなる。牛歩の牢屋。

 

  • 偶然性を制度にいれた。勉強10時間、2日以上続いた場合にのみ開催できるクジ引き大会制度を、折り紙を使用して物理的に構築した。

 

  • 趣向が偏っているせいで、結局ライバルといえるような存在が人生に現れてこなかったため、退廃的格調高雅の人物を脳内で実体化して、競い合うようになった。哲学をやるライバルとしては、雌伏して刃を研いでいるような、執念タイプが一番こわい。大学生はやわらいオレンジ色の照明のきいた図書館で哲学し、社会人はジャズの流れる清潔なカフェで哲学し、学者は安定した地位に座りながら哲学し、ニートは社会で役に立つ資格の勉強でもしろやという声援のなかで哲学する。しかし、哲学ニートにとっては一切の声が無声におわる。無効性に徹する純粋行動の迫力で、力をつけるおそれがあるため、独善孤雅のニートについては特に警戒する必要があるのである。彼を召喚するときは、かなり具体的なイメージをもつために、額に神経を集中させて、目をつむって、頭上2メートルの地点に記号型GPSを打ち上げる。そしてまさにその瞬間、私のいた場所に彼が入れ替わる。彼を観察することで、自分のやるべきことが見えてくる。つまり、頭の中に実体化しているライバルの行動を、自分がとる。

 

  • 単語帳の高速復習法を確立した。

 

  • いつまでたってもプロニート志望中なので、プロとして名乗りを上げていかないと成長がないと思った。7月はプロニート自称中でがんばる☆ちゎ―――(o´ω`o)ノ゙―――ちゎ☆結果のいかんによっては、クズニートへ格下げとする。

 

ドイツ語(3時間)

西洋哲学史(6時間13分)

ニート生活152日目 これからしたいこと

ニート生活

5月は自分のブログだけに集中していたので、6月は他のブログを見る。楽しみ。
twitterの方もしばらく見れてなかったし、ゆっくり見て回りたい。

次は論文に集中する。
7月から8月中旬にかけて論文を書いておきたい。

そのあいだブログでは、以前のように一ヶ月数回、ニート生活を書くと思う。
いつかブログでやってみたいことは、やっぱり批評かな。
それから、書評しまくったり、はてブの記事に言及しまくったり、寄稿記事を募集、投稿したり、古典を註解したり、詩を書けるように練習したり、読書会みたいなことしたい。
ネットで、大学の哲学ゼミのような雰囲気のコミュニティが存在しないので、せめて読書会くらいできたら楽しそうって思う。
あとは他のブロガーさんを、徹底的に好意的に批評したい。注目されるべき人が注目されてないのがモヤモヤする。

この3ヶ月は、学問に全力を傾注する。ブログで力を使ってけじめがついたので、ブログに期待しない、twitterに期待しない、友人に期待しない、独房のなかで対象に集中したい。

ニート生活151日目 一ヶ月毎日ブログを更新した

ニート生活

一ヶ月毎日更新した。
哲学の記事を更新するにつれて、多くの人たちは私のもとから去ってしまった。それだけの実力だった。それなのに最後まで残ってくれた人もいた。それは思いがけない人たちだった。日ごろ何も言わない人たちが残ってくれた。大切な時間を使って、定期的に見に来てくれた。
なかには自分でブログを書いている人もいて、具体的に私に何かしているわけではないんだけど、ただその人がそこにいるというだけで心の支えになる。
最低限の訪問者を獲得することさえクリアできれば、あとはわりと気楽に書けた。

ただ始めのほうはつらくて、2日目にすでに、止めたいと思った。当時twitterに書いていたけど、「血のついたぼろぼろの服をひきずりながら歩いている」ような気持ちだった。この言葉でぴったり気持ちが表現できてる。
やはり、批評の力量がないので、書けば書くほど自分の無知があらわになってきて、どれほど自分がえらそうな気持ちだったのかよくわかった。

10日目からは、自尊心が傷つくことはなくなったけど、「ああ更新しないといけないんだったあ」と無駄な時間のように思えてきた。

15日目に、批評をあきらめて、文章術のエッセイに切り替えた。
そこからは、知っていることを書くだけなのでわりと楽に書けた。

気楽に批評できるようになりたいと思って、毎日更新してきたけど、結局コツはつかめなかった。
急いだ散髪屋さんのつもりで、サクサク書きたいと意気込んでいたけど、じっさいは庭師だった。切り貼りしながら文章をつくってるので、メモ帳のなかに何個か重い石があって、それをこっちからあっちに移動させるということを繰り返すので、ほんとうに疲れた。
いっそのこと、日記を書く練習でもすればよかったかなあと思う。

6月から普通に戻る。

直接は関係ないけど、昼3時にランニングをする習慣が身についたのは嬉しかった。
朝4時に起きて、夜9時に寝るのも、だいたいパターン化してるし、生活リズムがずれても、3日くらいかけて慎重に戻すこともなぜか出来るようになった。
この堅固な制度に乗っかっていけば、ずっと遠くまでいけるんじゃないかという確信に近いものがある。いろんなものが打ち果てて、もう自分には何もないのに、それでも前に進もうとする体力みたいなものはあって、準備ができているという感じ。こういう気持ちは今まで感じたことがないと思う。